医療現場で成長を志す薬剤師を応援するコミュニティサイト

学ぶ

HOME > サンプル: 小児処方のコツ① 外用剤「“ステロイド外用薬”の服薬指導」杉原桂先生

先輩薬剤師のメモ帳 保存版

小児処方のコツ① 外用剤「“ステロイド外用薬”の服薬指導」杉原桂先生

先輩薬剤師のメモ帳 保存版

小児処方は少し特別。一人ひとりの投与量設定をはじめ、本人だけでなくご家族の意向も踏まえた医師の処方意図を汲み、服薬指導する必要があります。“みんな知ってるのかな、自分だけが知らないのかも…”と悩むこと、ありませんか?

このシリーズでは小児科専門医監修のもと、「先輩薬剤師が書き込んだメモ帳」からこれまで聞きたかったけれど聞けなかった疑問に答えます。第1回のテーマは「外用剤」。小児の皮膚トラブルへの対応や、医師の処方意図を汲んだ服薬指導のコツをお伝えします。

薬局に掲示できる「保存版」PDFを記事末尾に掲載しました。ご活用ください。

医療法人社団 緑風会 ユアクリニック秋葉原 理事長 杉原桂先生

石けんは、皮膚トラブルのもと?

小児(乳幼児含む)の皮膚は薄く敏感でバリア機能が不十分なため、さまざまな刺激に対するトラブルが起きやすいもの。そんなデリケートな小児の皮膚トラブルですが、ケアをしっかり行うことで防ぐことができます。

プロペト®は塗り方が大切

乳幼児の皮膚は薄いぶん、乾燥しやすい特徴があります。空気が乾燥する冬場はもちろん、エアコンなどの影響により夏場も乾燥しがちです。乾燥しやすい乳幼児の肌を守るため使用されるのが、プロペト®。
プロペト®は肌からの水分蒸発を抑え、衣類などの摩擦による刺激からも皮膚を保護することからスキンケア、かぶれ、湿疹に用いられます。

[使用方法]

  • 20 ~30回よく塗り込んで、余ったらきれいに拭き取りましょう
     ⇒べたつきが残る場合があるので、少量を広く伸ばし塗る
  • 夜中、気づかないうちに掻いてしまう場合には、プロペト®にプラスモイストを貼ってみる
     ⇒夜中にむれず、寝ながら掻いてしまうこともなくなります

先輩薬剤師のメモ帳 保存版

POINT

プロペト®は油脂成分が強く水分の補給がしづらいため、保湿のときには“ヒルドイド®”などを用いるようにしましょう!

ステロイド外用薬の5段階分類

ステロイド外用薬は、下記の表のように強いものから順にI群~V群の5段階に分類されています。
※のついている薬は他の群に分類される場合があります。

先輩薬剤師のメモ帳 保存版

  • 小児の場合は、mild(IV群)以下から始める
  • 使用:乳児2ヶ月、幼児6ヶ月、アトピー3ヶ月

ステロイド外用薬の使用例

記事末尾のPDFを印刷し、服薬指導の際にご活用ください。

先輩薬剤師のメモ帳 保存版

  • ステロイド外用剤は途中で勝手にやめない
  • 特に夏や冬は重症度でプロペト®とヒルドイド®を使い分ける

*ヒルドイド®クリームは油性と水性どちらの性質もある※
 ⇒滲出液を患部に再吸収させてしまうため、傷口には注意
*ヒルドイド®フォームは水性なので広範囲に塗り広げやすい
※油中水型:ヒルドイド®ソフト軟膏(ヘパリン類似物質油性クリーム)
 水中油型:ヒルドイド®クリーム

ステロイドは怖がりすぎないで

親御さんの中には「ステロイドは怖い」というイメージが先行していらっしゃる方がいます。

[説明例]
ステロイドは「道具」です。例えば包丁と同じで、誤った使い方をすれば傷ついてしまいますが、正しい使い方をすれば大変役に立つもの。正しい使い方を知りましょう。

先輩薬剤師のメモ帳 保存版

お母さんやお父さんへ服薬指導するときのポイント

  • 薬の塗り方やスキンケアを口頭だけでなく絵で示したり、説明書などを渡し、実践してもらうようにする
  • 何かあったときお母さんが手に入れる情報源の多くはインターネットなので製薬会社名、厚生労働省、学会など情報源を確認しアドバイスする

★お母さん、お父さんの悩みや意見を否定せずにお話を聞き、フィードバックするようにする

memo01_face
保存版PDFをご用意しました。薬局などで服薬指導にご活用ください。
(下記画像をクリックするとPDFが開きます)

先輩薬剤師のメモ帳 保存版

<杉原先生が出演されているYouTube動画>
コロナ禍における「子どもの心理的影響と対策」について話されています。是非ご覧ください。

当記事は薬ゼミの薬剤師向け季刊誌「THINK CUBE」No.15(2020 AUTUMN)P.30、31へ掲載したものです。
季刊誌「THINK CUBE」は、当サイトへ無料会員登録いただいた薬剤師の皆さまへ無料でお届けします。ご登録はこちらから

第2回は「感染対策」として、小児のマスクの使い方などについて公開予定です。

<アンケート実施中!>

このたび、第3回「抗菌剤(抗生物質など)」作成へ向けたアンケート調査「小児の保護者対象」「薬剤師対象」の2パターンにて実施することとしました。
抗菌剤に限らず小児の「薬」について知りたいこと や、記事を通じて他の保護者や薬剤師に共有したいこと などをお寄せください。
(回答期限 2020年10月31日)

【小児の保護者対象】子どもの「薬」について知りたいことを教えてください!
https://forms.gle/3RsYJnGXhxMApKzR8

【薬剤師対象】子どもの「薬」について知りたいことを教えてください!
https://forms.gle/LmLuKa2ayoRdfKdDA

記事一覧に戻る


Facebook
Facebook
Twitter
Twitter
薬ゼミの薬剤師応援 Ph-port
友だち追加
生涯学習のラーニングトレイン
薬剤師 生涯学習
生涯学習センター
薬ゼミファーマブック
ファーマブック

Ph-Portは薬剤師向けの旬な話題や役に立つ情報をお届けする
薬剤師のための総合情報サイトです。

このほかにも様々な記事の掲載や、会員の皆様の交流の場としまして掲示板を開設しています。
会員登録して様々なコンテンツをお楽しみください。

会員登録