医療現場で成長を志す薬剤師を応援するコミュニティサイト

生涯学習講座の世界

HOME > サンプル:超デキるかかりつけ薬剤師プログラム

生涯学習

超デキるかかりつけ薬剤師プログラム

「超デキるかかりつけ薬剤師プログラム」が2019年7月よりスタートしました。
当センター初のコース型受講プログラムとなっています。

現在、薬剤師向けの生涯学習、研修会が多く行われています。学ぶ内容の選択肢が多いというメリットがある一方で、どれを受けたらよいのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方にこの「超デキるかかりつけ薬剤師」はおススメです!体系的に学べるプログラムとなっており、アセスメントスキルからコミュニケーションまで幅広く学ぶことができます。

薬剤師歴は問いません!
今年から働き始めた新人薬剤師から、まだまだ若手に負けられないベテラン薬剤師、そしてブランクのあるママさん薬剤師、転職した薬剤師などさまざまな方に対応したプログラムとなっています。

かかりつけ薬剤師とタスクシフティング

かかりつけ薬剤師のあるべき姿って、どういったものだと思いますか?

従来の薬剤師の業務は、処方箋受取・保管から薬剤の調整、薬剤監査・交付、在庫管理など“くすり”が中心でした。しかし、現在薬剤師の職能は、「患者のための薬局ビジョン」において“かかりつけ薬剤師・薬局”として以下のことが求められています。

g2019202021

服薬情報の一元的・継続的把握、24時間対応・在宅対応、医療機関などとの連携、健康サポート機能そして高度薬学管理機能の5つです。

簡単にいうと、患者さんと今まで以上に密に接することでより多くの情報を聞き出し、重複投薬や飲み合わせの処方チェックをして医師への疑義照会を行ったり、病院や医療機関への連絡をとり患者さん同意のもと検査値や疾患名などの情報を共有したり、休日・夜間の患者対応や、在宅での薬学管理など、患者さん中心の業務を行っていくということです。

“くすり”が中心の対物業務から、“患者さん”が中心となる対人業務へのシフトは簡単なものではありません。

医療関係団体や学会などに参加し、専門性を向上する必要があり、医薬品の安全情報など最新の情報を収集する必要もあります。こういった専門性のみならず、対人業務ではコミュニケーション能力の向上も必要不可欠です。

日々の業務、勉強会、生涯学習などで忙しい毎日を過ごしている薬剤師にとって、専門性とコミュニケーション能力の向上を同時に行うのは難しいと思います。

そこで、筑波大学と薬学ゼミナール生涯学習センターの協同で開発されたプログラムが「超デキるかかりつけ薬剤師プログラム」です。

当センターでは、キーワードとして“タスクシフティング”を掲げています。

“タスクシフティング”という言葉を初めて耳にした方もいらっしゃるかもしれませんが、この言葉今後の薬剤師にとっても重要になっていくので、今のうちにしっかり知っておきましょう!

“タスクシフティング”とは、これまで医師が行っていった業務を他職種へ移管して、医療全体で患者さん、ご家族、地域を診ていくという考え方をいいます。

この「超デキるかかりつけ薬剤師プログラム」を受講すると、多職種連携で必ず接することになる医師や看護師からの質問にたじたじすることはなく、患者さんに一歩踏み込んだ支援を行うことができるようになります。

今後、病気になったら病院へという当たり前のことが、なくなる可能性があります。その時に患者さんが頼りにするのが、薬局、ドラッグストアとなります。薬剤師はセルフケアでよいのか、すぐに受診を勧めるのかを適切に判断することが求められるようになります。

その時にしっかり判断ができるようになると、薬剤師の職能がしっかりと発揮されます。結果的に患者さんや他職種からの「ありがとう」が増えていきます。

超デキるかかりつけ薬剤師プログラム

超デキるかかりつけ薬剤師プログラムは、コース型の受講プログラムとなっており集合研修とe-Learningのセットとなっています。
このプログラムに申し込み、集合研修(12単位)とe-Learning(9単位)を受講することで合計21単位を取得することができます。

集合研修では、以下の超デキのマークがついた講座より合計12単位分受講することができます。

g2019202021

集合研修は、本会場(新宿教室、渋谷教室)、もしくはLIVE配信先の札幌教室、仙台教室、名古屋教室、金沢教室、大阪教室、広島教室、博多教室でも受講可能です。

2019年度内に12単位分すべてを受講できなかった場合は、次年度振り替えで講座を受講することができます。

2020年1月19日(日)「ノンテクニカルスキル講座 実践式!対人関係コンフリクトマネジメント」、2020年3月15日(日)「臨床ですぐに使える フィジカルアセスメント」は、当プログラムには含まれていませんが受講推奨講座に指定されており、別途申込できます!

e-Learningでは2020年5月31日までの期間に、合計9単位取得することができます。
カリキュラムは以下の通りです。

g2019202021

集合研修でもe-Learningでも、人気講師 前野先生の講座を受講することができます。

さらに、全講座受講で研修修了証を発行!
かかりつけ薬剤師同意書の研修欄に記入することができます。

この「超デキるかかりつけ薬剤師プログラム」は、全会場一律25,000円でPh-port登録でクーポンを利用すると21,000円となります!

講座申し込みなどについてご不明点などありましたら下記へお問い合わせください。
【お問い合せ先】
一般社団法人 薬学ゼミナール生涯学習センター
E-mail:info@yakuzemi-shougai.jp TEL:03-3518-8247

今期の申込み受付は9月23日(月祝)の「人の心を動かす コミュニケーション」の講座当日までとなります!今がラストチャンスです!ぜひこの機会にお申込みください。

あなたも一緒にタスクシフティングで超デキるかかりつけ薬剤師を目指しましょう!

2020年度のお申し込みは、決定次第お知らせいたします。


トップに戻る

Ph-Portは薬剤師向けの旬な話題や役に立つ情報をお届けする
薬剤師のための総合情報サイトです。

このほかにも様々な記事の掲載や、会員の皆様の交流の場としまして掲示板を開設しています。
会員登録して様々なコンテンツをお楽しみください。

会員登録